MENU
CONTENTS

NEWS&TOPICS

バトルフィールド5 が描き出すかつてない第二次世界大戦の姿

GAME

バトルフィールド5

発売延期によって首を長くしていたファンの皆さまお待たせしました!

シリーズ最新作となる「バトルフィールド5」が11月20日にいよいよ発売となります。

シリーズの原点ともいえる、第二次世界大戦をテーマにした最新作は、発売されるプラットフォームの進化をそのまま反映し、これまで以上のリアリティで戦場の姿を描き出しています。
DICEの誇る最新エンジンFrostbiteによって描かれる戦いのフィールドで活躍する日がまもなくやって来ます。

第二次世界大戦の知られざるドラマ シングルプレーヤーモードで語られるストーリー「大戦の書」

本作も一人用モードは健在です。
「バトルフィールド 1」 で好評を博したアンソロジー形式を用いて進行する「大戦の書」はプレイヤーを思いもよらぬ戦場へと送り込みます。
北アフリカの砂漠、荘厳にして人を寄せ付けないノルウェーの山々、など様々な舞台における物語が作中で語られます。

バトルフィールド5 画面写真1
これまでのシリーズ未経験で、本作から「バトルフィールド」シリーズに参戦する方は、シングルプレーヤーモードで操作の基本などを習得してオンラインマルチプレーに挑戦するがオススメですね。
映画のような表現で進められるストーリーは、様々な視点から描かれる「世界大戦」という戦争がどのようなものだったのかを映し出し、単なるゲームの物語にとどまらない体験を与えてくれることでしょう。

マルチプレーヤーモードでは新モード「グランドオペレーション」が追加

シリーズの人気を支えるマルチプレイ対戦では、最大64人対戦のおなじみコンクエストモードなどに加え、新モードとして『バトルフィールド 1』のオペレーションの発展形であるグランドオペレーションが登場予定。
マップやルールの異なる4ラウンドを通じて4日間の戦いプレー時間にして1時間程度のボリュームで描いていきます。

複数のパートの組み合わせからなるグランドオペレーションは、ゲーム内で数日の作戦日にわたって展開されていき、ストーリーを現在進行形の出来事として戦場で体験できるモードです。
それぞれのステージとなる1日ごとの行動が、翌日の展開に影響を及ぼすなどインタラクティブな要素も含まれるため、初日の劣勢を、残り日数を使って挽回するなど、よりドラマティックなゲーム展開が予想できます。

バトルフィールド5 画面写真2

さらに、4人チームの協力プレー「コンバインド・アームズ」では自分たちで編成したチームでミッションに挑むPvEモード。大規模なマルチプレーモードに挑む前のスキルアップや、より高難度のミッションに協力して挑戦するなど、プレーヤースキルに合わせた楽しみかタガできるモードになりそうです。

様々なプレースタイルで楽しむオンラインモードに、さらにバトルロイヤルモードも追加され、これまで以上に充実したオンライン対戦が楽しめるようになっています。

待望のバトルロイヤルモード「Firestorm」は2019年3月提供予定

バトルフィールド5 Firestorm

当初から実装が予定されていたバトルロイヤルモードは「Firestorm(ファイアストーム)」という名で2019年4月頃の提供予定となっています。

ファイアストームは「バトルフィールド」シリーズ初のバトルロイヤルモードで、バトルフィールドで最も愛されるさまざまな特徴が盛り込まれています。
時と共に狭まる戦場に、チームプレイや強力なビークル、破壊要素などのバトルフィールドならではの要素が加り、バトルフィールドファンの皆さんが楽しめるモードになっていそうですね。
最後の1人になるまで戦い抜く通常のバトルロイヤル形式ではなく、4人1チームで64人が同時に参加し最後の1チームの生き残りを目指すチーム戦となる「Firestorm」は、チームでの戦いを重視する「バトルフィールド」シリーズならではの体験を提供してくれそうです。

新モード提供までの期間は、これまでのマルチプレーで腕を磨き、仲間を集めてバトルロイヤルに挑戦するのも楽しみですね!

史上最大の戦いを描くシリーズ最新策をお楽しみに!

2年振りとなるシリーズ最新策は前作「バトルフィールド1」で描かれた第一次世界大戦に続き、史上最大の戦争である第二次世界大戦をテーマに展開します。
2002年に発売された処女作「バトルフィールド1942」から16年の時を経て、再び最新技術で戦場を描き出す最新作「バトルフィールド5」の発売まであと少し!

ご予約がまだのお客様は、ぜひ店頭またはCOMG!通販でご予約をお勧めします!

Yahoo!ショッピングストアで購入