MENU
CONTENTS

COMG! 見附店

iOS版「Googleフォト」真価は発揮!!

MOBILE

アローラ♪

ベゼルレスのiPad欲しい!!ペンも欲しい!iPhone狂のタナカだ!!

ドコモでもiPhoneXのMNPがハチャメチャな安さを叩き出していたりと、ハイスペックiPhoneが浸透してきた今日この頃。。

iOS版の「Googleフォト」が真価を発揮したんです!!

 

「グーグルフォト ios」の画像検索結果

関連画像

 

iPhoneのポートレートモードで撮影された写真を「Googleフォト」で開くと「明るさ」「カラー」に加えて「奥行き」というスライダーが追加されたんです。

 

ポインターをに移動するとボケが強くなり、ポインターをに移動すると弱くなる。

(ツッコミは強くならないよ)

 

すると~、、、

Appleの「写真」アプリで適用される奥行きエフェクトは一度リセットし、撮影データに含まれる深度情報をもとに独自のアルゴリズムを適用している模様。

数枚試してみたところ、とても自然なボケ味になり、人によっては「Googleフォト」の方が好みに合う人もいるかもしれない。(色味は多少変わってしまうので、極力揃えるようにこちらで編集。あくまでもボケ味の違いに注目。)

 

こちらが最弱のボケ

 

 

こちらが最強のボケ

 

黄色の枠の外がパキッとしている「最弱ボケ」に比べて「最強ボケ」はぼんやり~な感じ。。

ちなみに~ポートレートモードで撮影した写真を「Googleフォト」で編集した後、「写真」アプリに保存すると、その写真に対しては「ポートレート」と表示されるものの、「写真」アプリ内では深度コントロールが利用できなくなっている

どうやら深度情報を取得しているか否かで「ポートレート」の表記の有無を判定しているようだ。

 

 

インスタやフェイスブックではボケてる写真ほど「いいね」がつきやすいらしいので、みんなボケボケした写真を加工しても手は如何かな~♪以上ボケるのは写真だけにしたいぜ!iPhone狂のタナカでした!じゃ~の♪