MENU
CONTENTS

COMG! 三条四日町店

夏だしホラーゲームやろうぜ

GAME

好きなホラー映画はREC、どうもこんにちは瀧澤です。

連日の猛暑でなんかもう色々溶けて日本が修羅の国と化してますね。

うちの猫も溶けてぐにゃぐにゃになってました(=゚ω゚)

そんなHOT LIMITでダイスケ的にもオールオッケーなファッキンホッテストサマーナイト(?)を涼しくするものそれは…ホラーゲームっすよ\(^o^)/

 

というわけで程よく涼しくなって程よく怖いゲームってなんじゃろ?と考えたわけですが…

「最近のホラーゲームって怖い事には怖いけど最終的に主人公が無双するやん?むしろ熱い(暑い)やん?」

さっそく身も蓋もない結論に行きついてしまったので今回はホラーネタやめるまでありましたが続けます。

 

無双しちゃうホラーだと敵が出てきても

ってなるだけなのでNG

サイコブレイクとかバイオとかデッドスペースとか怖いけど怖くなくなるよね。

じゃあ主人公が無双しないホラーならどうだろう?いいぞそういうのを待ってたんだよ。

精神的に怖いのとか急に出てきて瞬間的に驚かすのとかたくさんありますけど最近プレイしたのだと

「Layers of Fear」とかいい感じに肝が冷えて涼しくなれるんではなかろうか。

狂気に囚われた画家の精神世界を探索していく1人称ADVなんですが、来た道を戻って扉開けたら違う部屋に出たり、段々とおどろおどろしくなっていく緊張感だったり、なんか急にドンガラガッシャンと驚かされたりと瀧澤は「てめぇこの野郎ふざけんな(ガタガタ」と声が出ました。

でも怖さランク的には☆3/5くらいなんでほんと程よく怖いゲームです。オススメ。

 

じゃあ☆5/5はなんやねんと、何がそんな怖いねんと、瀧澤的もうやりたくないNo.1ホラーゲームは

「slender the arrival」です。(ナニソレ?)

スレンダーマンていう外国発祥の都市伝説キャラ(わかりやすく例えるとVIPで架空の都市伝説作って釣ろうぜ的なあれ)がひたすらプレイヤー絶対殺すマンになって追いかけてくるゲームです。

システムはシンプルでマップに配置された紙片を全部回収すればクリア、スレンダーマンと目が合ったらゲームオーバーです。

スレンダーマンがね、急に来るんですよ、そして段々近づいてくるんですね、チラチラと視界に入り始めて最終的にはキスしそうな距離まで詰められてゲームオーバー…めっちゃ心臓に悪いですこのゲーム…追いつかれそうでね追いつかれないんだ…ちょぉっと気を抜くと…いるぅ!?思わず稲川淳二になるくらいハラハラするんで熱帯夜に涼しくなるにはもってこいだと思います。

ぜひプレイしてみてください(‘ω’)ノ

ゲームするのダルい?ホラー映画見ましょうホラー映画