MENU
CONTENTS

COMG! 三条四日町店

渓流釣りのお話

NEWS

こんにちは、スタッフの鍋倉です。

 

さて今回は大好きな、釣りのお話。

 

私が、本格的に釣りを始めてから、かなり経ちますが、

最初はフライフィッシングからスタート

実は映画がきっかけでしてその映画がこちら

 

リバーランズスルーイット

 

「リバー ランズ スルー イット」の画像検索結果

若き日の、ブラッドピット主演です。

この映画の中でフライフィッシングのシーンがたくさん出てきます。

ちなみに、フライフィッシングはこんな釣りです。

 

「フライ フィッシング」の画像検索結果

フライとよばれる疑似餌を使います。

しかし、日本の渓流では、フライで魚を釣るのはむずかしく

ぜんぜん釣れませんでした。

 

そこで、餌釣りに変更。

餌釣りは、こんな釣りです。

 

「渓流釣り」の画像検索結果

 

5~6mの竿に餌を付けて釣ります。

しばらく、餌釣りばかりでしたが、あまりに釣れるので

おもしろくなくなり、今度はルアー釣りへ。

こんな釣りです。

 

「fishing rod」の画像検索結果

 

ロッドと呼ばれるさおに、リールと呼ばれる(糸巻き機)を

装着、スプーンやミノーと呼ばれる疑似餌で魚を釣ります。

スプーン

「渓流ルアー スプーン 」の画像検索結果

ミノー

「渓流ルアー ミノー」の画像検索結果

 

なぜこんなもので魚が釣れるのか不思議ですが

日本の渓流では、ルアーの方が釣れる気がします。

さて、対象となる魚ですが、ヤマメやイワナです。

 

ヤマメ

「ヤマメ」の画像検索結果

イワナ

「イワナ 図鑑」の画像検索結果

 

食べても美味しいのですが、最近はほとんど食べません。

キャッチアンドリリースが基本です。

どうしても食べたい時は食べる分だけ、キープして

その場でしめます。残酷なようですが、

鮮度を保つのと、魚をじわじわと殺したくない思いと

美味しく食べる事が、自然の恵みを頂く上で

大事なことじゃないかと、勝手に考えてのこと。

 

ほかに、10月から翌年の3月(4月、5月のところもあります)までは、

資源保護のため禁漁期間です。

さらに各河川には、漁業権なるものがあり、

釣り人は、遊魚料なるものを払って釣りをします。

 

もうすぐ3月、いよいよ解禁になります。

 

 

今年はどんな釣りになるのか・・・・

 

それではまた。