MENU
CONTENTS

COMG! 荒川店

マウンテンおじさんだよ

TOPICS

こんにちわー!

 

 

店長の長谷川です。

 

 

先日、新発田の湯平温泉に行ってきました。

 

 

新発田の方ならそこそこ有名らしいのですが、あまりに車で行けない登山道の奥にあるので「幻の温泉」なんて呼ばれてるそうで。

 

 

新発田市街から50分ほど赤谷方面へ車を走らせ

 

tonnneru

 

異世界へのゲートみたいなトンネル抜けてしばらく進むと加治川治水ダムです。

 

ダム

 

車が入れるのはここまでで、ここから先は徒歩になります。

 

 

というわけで

 

道具

 

登山道具一式担いでスタート!

 

さかさま山

 

登山口はまだこの先なので川沿いを歩いていきます。

 

林道

 

心が洗われるような林道をてくてく歩いていきます。

 

 

てくてくてくてく(2時間くらい)

 

 

いいかげん飽きてきたころにやっと登山口に到着です。

 

 

平地とはいえ、炎天下の中2時間歩きっぱなしは流石に疲れます。

 

 

でもここで休んでると昼までに辿りつけないので気合入れて登るです! ガンバッバ!

 

 

ここからしばらくの間、かなりのアップダウンや崖渡ったりで写真撮る余裕ありませんでしたが景色は良かったです。

 

 

崖から下の川まで50m以上あるそうなので、危険っちゃ危険なんですけど景色が綺麗だとあまり気にもならないと言うか。

 

吊橋

 

こんな吊橋渡ったり途中土砂降りにやられながらもなんとか登り始めて2時間半、山荘へ到着しました。ヤッター!

 

 

めちゃくちゃ疲れて後半かなりしんどかったけど、なんとか辿りつけたー!

 

山荘

 

管理人さんに挨拶して、裏手の炊事場でお水をいただいて(すんごく美味しい)

 

名水名水2

 

ちょっと遅目のお昼を食べて、一服したら今日のメインイベントの温泉です。

 

 

また更に奥を進むと川原に降りられるのでずんずん進んでいくと

 

きれいな川

 

水きれーい!

 

 

ところどころに温泉が湧いています。

 

 

そうです。湯平温泉は川原の中にあるんですねー。すごいですねー。

 

露天風呂2いい湯

 

野趣あふれる幻の秘湯、湯平温泉。湯槽からの景色も最高でした。

 

 

このあとの帰り道ずっと土砂降りにやられちゃったとかアブの大群に襲われたとか山道が滝で塞がれてたりとかいろいろひどい目にあったりもしましたが超楽しかったです!

 

ばいばい!