MENU
CONTENTS

COMG! 三条四日町店

釣り人の「マジで死ぬかと思った」体験談(自分編)

NEWS

明けましておめでとうございます。

スタッフの鍋倉です。

新年早々、物騒なタイトルですが、実はこういうタイトルの本が実際あるんですよ。

それがこちら

「マジで死にそうになった釣り人の話」の画像検索結果

つり人社から出ていて、現在5巻まであります。

もちろん、私も長年釣りをやってきているので何回か、

こういう経験はあります。

たとえば

 

【ジムニー、前輪橋げた落下事件】

 

ずいぶん前になりますが、7月下旬にいつも通い慣れている

渓流に出かけた時のこと。

 

山深い最後の集落を走り抜け、舗装から砂利道へと入っていきます。

 

しばらくすると、カーブがありその終点に車1台分の幅の丸太でできた橋が

現れます。幾度となく通っているので慣れているのですが、その日に限って

アブが1匹、窓から入ってきました。

 

そちらへ気を取られていると、目の前にカーブが・・・・

 

ブレーキが間に合わず、そのまま砂利道をすべって、直進!

 

スピードが出ていなかったので、川へ転落はまぬがれたのですが、

丸太の橋から、ジムニーの前輪が落下。バランスを崩すとそのまま落下しそうな状態。

とりあえず運転席から脱出しなければと思い、そーっと降りました。

車は揺れていますが、バランスを保った状態。

 

 

命拾いはしたものの、どうすればいんだと途方にくれました。

とりあえず、最後の集落まで助けを呼びに行こうと思い歩きはじめました。

しばらく行くとおばあちゃんの乗ったバイクと遭遇。この方、私が行こうとしている

集落の区長さんで助けを求めると、

「おらじゃどうにもならんがね、クレーンとか呼んでくれ!」

「おばあちゃん イラスト」の画像検索結果

 

というお言葉。そらそーだよね!!!と思いながら、また歩きはじめました。

集落に入ると集会所が見えてきて、なんとその前にパジェロが止まっているではありませんか!

 

車体には、〇〇営林署の文字が・・・・ これはと思い、集会所に入っていくと営林署の職員の方が休憩していました。

 

事情を説明してパジェロで牽引してもらえませんか?」と頼むと

「まあ言ってみるべ」ということで、私も同乗して、現場へ。

「よう落ちんかったね~、引っ張ってみるか」とのお言葉。

 

ありがたい。涙が出そうになりました。

 

車と車をロープで結び、牽引開始、何度かトライした結果、ジムニーの前輪が橋に乗っかり

無事脱出成功!実は川から飛び出た倒木があり、それでジムニーは橋に引っかかったようです。

その時乗っていたジムニーには、フロントガード(倒木などからエンジンを守るアルミ製のもの)がついて

いてそれに刺さっていました。営林署の方たちも、「これがなかったらエンジン直撃してたね~」と。

なんかお礼をしなくちゃいけないと思い「お名前と住所を教えていただけませんか」と言ったところ

「そんなこと(お礼)しなくてもいいがね。気を負付けて帰りなせ」なんといい方たちなんでしょう。

私は感動して、その場を後にしました。

 

この件以来、その橋を通って、山奥へ行くことは、封印しました。

 

まだまだ、いろんな目に会っていますが、今日はここまでで。

 

 

今年もケガなく、釣りやキャンプができますように

それではまた。