MENU
CONTENTS

COMG! 三条四日町店

釣り人の「マジで死ぬかと思った」体験談(自分編)番外編

NEWS

こんにちは、スタッフの鍋倉です。

以前に、釣りに行って危ない目に合った話を

書きましたが、今回は釣りではなく、スノートレッキングでの

お話を。

 

スノートレッキングとはこんな感じ

 

「スノートレッキング」の画像検索結果

 

かなり前の出来事ですが、

 

ある年の2月に、福島県の五色沼へスノートレッキングに

出かけました。

 

冬の五色沼

 

「冬の五色沼」の画像検索結果

 

家を出たのが遅く、五色沼に到着したので15時近くでした。

雪も降っていなく、早速準備を整えてスタート。

 

観光シーズンとは違い、静かで、人もいません。誰かのノルデイックスキーの

跡を頼りに歩いていきます。

 

しばらく経つと、雪が降ってきました。このあたりはまだ余裕です。

しかし、だんだんと雪が強く降りだし、辺りが暗くなってきました。

気がついた方がいると思いますが、そう日が暮れるのが早いことを

すっかり忘れていたのです。

そうこうしないうちに、辺りは先ほどよりも暗くなり、雪のせいで

視界も悪く、さらにスキーの跡も雪で消えかかってしまい。

完全に方向を見失ってしまいました。

 

やばい!このままでは遭難する!

「遭難 イラスト」の画像検索結果

 

 

かすかなスキーの跡を手掛かりに進みました。どのくら時間が経ったか

覚えてませんが、明かりが見えました。

その明かりの方向へひたすら歩きました。

ようやく明かりが大きく見えて、よく見るとお土産店の明かりでした。

 

助かった!良かったよ~

 

ホントにそう思いました。そのお土産店に着く頃には、

雪も激しく、辺りは真っ暗。もう少し遅ければ、完全に遭難してました。

その時ですね、自然をなめちゃいけない!と認識したのは。

お土産店のストーブの暖かさが身にしみました。

 

 

アウトドアの世界では。「自己責任」という言葉が

よく使われますが、自分一人ですべて責任をとれれば何をしてもいい

ということではないと思いますね。

 

だって死んじゃったら、責任なんてとれません!!!

 

最近は。無理をしない。危険と思ったら、すぐ避難するということを

心がけてアウトドアを楽しんでいます。

 

それでは、また。